睡眠の基礎知識

睡眠の基礎知識をご紹介します。

・睡眠時間に関する基礎知識

・睡眠不足の影響に関する基礎知識

・睡眠の間違いあるある

などをご紹介しています。

睡眠は分かっていないことも多いですが、分かっていることも多々あります。

最新の基礎知識を知ることで、睡眠を正しく改善することができます。

日々の睡眠を改善するため、まずは基礎知識を知りましょう!

睡眠の基礎知識

メラトニンとは?“天然の睡眠薬”メラトニンの解説

メラトニンは睡眠のリズムを司るホルモンで、人間が眠る為に必要不可欠なものです。 ただ、栄養が乱れ運動不足でスマホの使用時間が長い現代人には、メラトニンを分泌させるのが難しい環境です。
睡眠の基礎知識

日本人の平均睡眠時間は?厚生労働省の調査結果

厚生労働省の調査結果では、日本人の平均睡眠時間はどんどん短くなっていることが分かります。 特に睡眠時間が6時間未満の割合が増え、約4割が平均睡眠時間6時間未満と言われています。
睡眠の基礎知識

日本人の平均睡眠時間の推移

日本人の平均睡眠時間は年々減少の一途を辿り、50年間で約1時間減少しています。 日本人の平均睡眠時間が、適正な睡眠時間の目安を下回る結果になっています。 また、同時に夜の10時までに寝ている人の割合も減少し、50年前の3分の1程度まで減少しています。
睡眠の基礎知識

寝返りの効果とは?寝返りをする理由と睡眠の質の関係

寝返りは睡眠の質を高める上で非常に重要な要素です。寝返りが打てなければ体温調節や血流が阻害されます。寝返りを打ちやすい環境としては、横幅は手を広げたくらいの幅が必要です。
睡眠の基礎知識

サーカディアンリズム(概日リズム)とは?

サーカディアンリズムとは、日本語で概日リズムと言います。 1日で変動する身体のリズムで、体温や睡眠物質の分泌など様々なものがあてはまります。これが乱れると、概日リズム障害などの睡眠障害になります。
睡眠の基礎知識

睡眠時間は8時間が理想?8時間睡眠の効果とは?

適正な睡眠時間は人によりますので、8時間睡眠が理想かはわかりません。 ただ、青年期では8時間睡眠が適正である確率はかなり高いと言えます。 高齢者の場合は、8時間睡眠が逆効果になりますので注意が必要です。
睡眠の基礎知識

平均睡眠時間6時間は足りない?睡眠時間6時間で脳に起こること

睡眠時間は6時間あれば大丈夫と思われがちですが、実際には6時間では足りないことが多いです。 睡眠時間6時間では、脳は酔っ払った状態と同じと言われています。 そうならないように、睡眠時間を延ばす必要があります。
睡眠の基礎知識

サーカセミディアンリズムとは?

サーカセミディアンリズムは半日周期で変わるホルモン分泌など身体のリズムです。サーカセミディアンリズムによって昼間の眠気が起こると考えられ、その対策としては昼寝が有効です。
睡眠の基礎知識

認知症の対策には昼寝が有効!認知症と昼寝の関係

昼寝をすると、認知症のリスクを最大5分の1まで抑えることができます。 ただ、長すぎる昼寝はかえって認知症のリスクを増大させます。 適切な昼寝をすることが、認知症のリスクを抑えますので効果的に昼寝を取り入れましょう!
睡眠の基礎知識

睡眠不足は死を招く?睡眠時間と死亡率の関係

睡眠時間は短すぎても長すぎても死亡率が高まります。 若い世代では特に睡眠時間が短すぎる傾向があり、寝不足が死を招くと言えます。 そのリスクを知らなければ、働き方などを考えることはできません。