睡眠障害

睡眠障害の種類・症状のまとめ

 

睡眠障害の種類や症状をご紹介します。

睡眠障害と言っても、その種類や症状は様々です。

 

それぞれの睡眠障害に合わせて対策をすることで、効果的に睡眠障害を改善することができます。

まずは自分の睡眠障害について知ることが、改善の第一歩です。

 

睡眠障害の種類や症状まとめはこちらから

睡眠障害

睡眠相後退症候群(DSPS)とは?睡眠障害解説

睡眠相後退症候群(DSPS)とは?睡眠障害の解説集です。 睡眠相後退症候群は別名DSPSと呼ばれます。 睡眠時間のコントロールができなくなり、ひどくなると社会生活に適応できなく成る睡眠障害です。 睡眠相後退症候群の原因は複雑ですので、睡眠相後退症候群の対策もそれにあわせて複雑になります。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑫睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説しています。睡眠障害対処12の指針12個目は「睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全」です。 睡眠薬に危険なイメージがある人も多いと思いますが、実際には寝酒の方が危険です。 また、絶大な効果があるような睡眠薬もありませんので睡眠薬は補助的な役割になります。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑪睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説しています。 睡眠障害対処12の指針11個目は「睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもと」です。 寝酒よりは睡眠導入剤の方が断然に安全で効果的です。 睡眠導入剤よりも普通に眠れる方が効果的です。睡眠導入剤はサポート程度で、日常生活の改善が根本的な改善に繋がります。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑩十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説しています。 睡眠障害対処12の指針10個目は「十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に」です。 眠気は誰もが経験しますが、強い眠気は病気のサインです。精神科や心療内科などの専門医を受診し、事故を未然に防ぎましょう。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑨睡眠中の激しいいびき・呼吸停止は要注意

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説しています。睡眠障害対処12の指針9つめは「睡眠中の激しいいびき・呼吸停止、足のびくつき・むずむず感は要注意」です。 これらの症状は睡眠の病気である可能性が高く、専門医の受診が必要です。 気が付きにくい睡眠の病気ですが、放っておくと重大事故に繋がります。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑧眠りが浅いときはむしろ積極的に遅寝早起きに

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説しています。 睡眠障害対処12の指針8つ目は、「眠りが浅いときはむしろ積極的に遅寝早起きに」です。 一時的に睡眠不足にはなりますが、睡眠リズムを整えるには有効な手法です。 早寝早起きにするには、早寝からではなく早起きから改善が必要です。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑦昼寝をするなら15時前の15~20分

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説します。睡眠障害対処12の指針7個目は「昼寝をするなら15時前の15~20分」です。 昼寝には様々な効果が期待できますが、時間を間違えた昼寝は逆効果になります。 忙しい人ほど効果的に昼寝をとることをお勧めします。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑥規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」について解説します。 睡眠障害対処12の指針⑥は、規則正しい3度の食事、規則的な運動習慣です。 運動・栄養・休養はすべて連動していますので、どれか1つの改善は不可能です。 運動・食事の見直しが、睡眠の改善に繋がります。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針⑤光の利用でよい睡眠

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」について解説します。 睡眠障害対処12の指針5つ目は「光の利用でよい睡眠」です。睡眠は光に依存しています。 日中明るく夜暗い環境であれば睡眠はとりやすいですが、現代ではなかなかそうなりません。つまり、睡眠にとって悪い環境であると言えますので注意が必要です。
睡眠障害

睡眠障害対処12の指針④同じ時刻に毎日起床

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説します。睡眠障害対処12の指針④は「同じ時刻に毎日起床」です。 週末に寝だめをする人も多いと思いますが、睡眠のメカニズムを考えるとあまり好ましくありません。 なるべく起床時間は変えずに、昼寝なども使って睡眠不足を解説するのがおすすめです。