NightshiftモードでiPhoneのブルーライトカットをする方法

睡眠を阻害する原因の1つにブルーライトがあります。

パソコン、スマホ、テレビ、LED電球など、現代ではあらゆるところからブルーライトが飛んできます。

 

その為、完全にブルーライトをカットしようと思うと現代的な生活ができません。

現実的な対策としては、ブルーライトを軽減させる工夫です。

 

多くの人がブルーライトを浴びる原因になっているスマートフォンの中でも、iPhoneのブルーライトカットにおすすめの「nightshiftモード」をご紹介します。

 

スポンサーリンク

iPhoneのnightshiftモードとは?

iPhoneのiOS9.3からnightshift(ナイトシフト)モードが搭載されました。

個人的には革命的な出来事でしたが、これによって睡眠にも好影響が期待できます。

 

iPhoneなどのスマートフォンからは、ブルーライトという光が出ています。

夜は暗くすることが、睡眠にとっては絶対的に必要な条件です。

 

夜でも明るいと、脳はまだ夜ではないと勘違いします。

これは、睡眠を司るメラトニンという物質が、光に依存して分泌するためです。

 

“天然の睡眠薬”メラトニンの解説はこちらから

メラトニンとは?睡眠に重要な“天然の睡眠薬”メラトニンの解説
メラトニンは睡眠のリズムを司るホルモンで、人間が眠る為に必要不可欠なものです。 ただ、栄養が乱れ運動不足でスマホの使用時間が長い現代人には、メラトニンを分泌させるのが難しい環境です。

 

ただ明るいだけでも、このメラトニンの分泌に悪影響を与えますが、特に悪いのがブルーライトと呼ばれる種類の光です。

ブルーライトは簡単に言えば太陽光に近い光の種類です。

 

その為、脳は朝と勘違いしやすい光の種類と言えます。

このブルーライトを夜に浴びると睡眠の質が下がり、寝つきも悪くなります。

 

スマホを使わないという選択肢が睡眠にとっては一番いいですが、現実的には難しいケースも多いと思います。

 

そんな時の対策として、少しでもブルーライトをカットする方法が必要になりますが、それに最適な方法がiPhoneのnightshiftモードです。

 

iPhoneのnightshiftモードは、iPhoneから発せられるブルーライトを軽減してくれる機能です。

最初は慣れない人もいるようですが、慣れれば目の疲れの軽減、睡眠の質の向上、寝つきを良くするなどの効果が期待できます。

 

iPhoneのnightshiftモードでブルーライトカットをする設定方法

では、実際にiPhoneのnightshiftモードの設定方法をご紹介します。

 

①iPhoneの設定を開く

iPhoneの設定

 

②設定内の「画面表示と明るさ」を開く

nightshiftモード設定①

 

③画面表示と明るさ内の「nightshift」を開く

nightshiftモード設定②

 

④nightshift内の「時間指定」で開始時間と終了時間を設定

nightshiftモード設定③

 

「手動で明日まで有効にする」でもnightshiftの設定は可能ですが、これは毎日使える設定にするのがおすすめです。

 

この画像の設定では、昼の12時から朝の7時まではnightshiftモードになるという設定です。

つまり、朝の7時から12時までは通常の設定になります。

 

こちらは好きな設定でいいと思いますが、朝は光を浴びて体内時計のリセットを行うことが必要ですので、午前中に過度なブルーライトカットが必要とは言えません。

 

ただ、朝に外でしっかり光を浴びるのであれば、常にnightshiftモードをオンに設定していいと思います。

 

また、睡眠に関わらず単純に目の負担を軽減するという点では常にnightshiftモードをオンにしておくと良いと思います。

 

常にnightshiftモードでブルーライトカットをする設定方法

常にnightshiftモードをオンにする機能は、今のiPhoneではありません。

ただ、常にnightshiftモードをオンにする方法があります。

 

先ほどの画面のように、nightshiftモードの設定は開始時間と終了時間があります。

nightshiftモード設定③

 

これを利用し、夜中の寝ている時間帯に1分だけ終了する設定にしておけば常にnightshiftモードをオンにしているのと同じ効果が得られます。

 

例えば、開始時刻を3:01に設定し、終了時刻を3:00に設定します。

このように設定すれば、nightshiftモードは3:00~3:01以外は常にオンという状態になります。

この時間に寝ていれば、nightshiftモードを常にオンの設定と同じことになります。

 

Nightshiftモード以外にもブルーライトカットの対策が必要?

このように、iPhoneユーザーはnightshiftモードを使うことでブルーライトカットができます。

無料で出来ますし、手間も大してかかりません。

 

Nightshiftモードは電池の消費が早いという噂がありましたが、検証してもそのような結果は出ないと言われています。

(別件のアップデートが原因のようです)

 

その為、iPhoneユーザーならnightshiftモードを使わない理由がないと言える機能だと思います。

 

ただ、nightshiftモードだけでブルーライトカットが万全かというと、そうでもありません。

 

ブルーライトはiPhoneだけでなく、パソコンからもテレビからもLED電球からも来ます。

また、nightshiftモードはブルーライトを軽減するだけですのでゼロにはなりません。

 

個人的には、nightshiftモードだけでは不十分と感じています。

 

私はnightshiftモードを設定しながら、合わせてブルーライトカットシートをiPhoneに貼っています。

 

さらに、ブルーライトカット眼鏡も使用しています。

 

パソコンにはブルーライトカットアプリを使用し、パソコンにもブルーライトカットシートを貼っています。

 

そして何よりも重要なのは、そもそものスマホやパソコンの使用時間を減らすことです。

特に夜の使用を控えることが大切です。

 

ただ、夜にはスマホ禁止は現実的ではないので「極力控える」ようにしています。

 

ブルーライトカットシートなどはお金がかかりますが、nightshiftモードは無料です。

まずは無料でできることからブルーライトカット対策をしていくことをお勧めします!

 

コメント