めざましカーテン mornin‘の効果とは?睡眠指導士の体験談

めざましカーテン mornin‘の効果とは?睡眠指導士の体験談

 

睡眠を改善するグッズを紹介します。

睡眠の改善には、「朝に強い光を浴びること」が大切です。

 

朝起きてすぐに外に行き、外で活動することで睡眠の改善に繋がります。

ただ、「そんな時間はない!」「そもそも起きてすぐ動けるほど目覚めがよくない」という方がほとんどだと思います。

 

そんな方におすすめの快眠グッズが「めざましカーテン morning‘」です。

 

めざましカーテン mornin’は、スマホと連動してタイマーを設定した時間に自動でカーテンを開けてくれる装置です。

 

これを使うことで、朝の目覚めがよくなります!

 

スポンサーリンク

めざましカーテン morning‘の効果とは?

めざましカーテン mornin’の効果は、「自動で朝に強い光を浴びることができる」という点です。

もちろんその部屋の日当たりにもよりますが、少なからずカーテンを開ければ明るくなると思います。

 

部屋の日当たりがよければよいほど効果を発揮すると言えます。

 

では、朝に強い光を浴びる効果が睡眠にどのように影響するかを解説します。

 

朝に強い光を浴びることで、人間の脳にある体内時計がリセットされます。

このリセット後、14~16時間後に人間の眠気はピークに達します。

 

つまり、朝に強い光を浴びることで、夜の寝つきがよくなる効果があります。

 

また、朝に強い光を浴びることで、睡眠に関わるホルモンであるメラトニンの分泌が抑制されます。

メラトニンの分泌が抑制されると、人間は眠気が減って目が覚めます。

 

つまり、寝起きがよくなる効果があります。

 

ところが、現代ではなかなか朝が明るくなりません。

起きてからずっと室内にいれば、部屋は暗い状態が多いです。

 

そして最悪のパターンが、起きて布団から出ずにスマホをいじる、テレビを見るなどです。

 

これではなかなか目が覚めませんので、午前中はずっとだるい、夜の寝つきが悪いなどの悪影響が出ます。

 

睡眠障害対処12の指針でも、「光の利用」があります。

 

ただ、朝起きてすぐにカーテンを開けにいくほど、目が覚めていない人も多いと思います。

 

また、できれば起きる前に自動でカーテンが空いてくれて、光が入ってきたから目が覚めるというのが理想です。

 

実家で親に「何時にカーテンだけ開けて」と頼めればいいですが、親もそこまで暇ではないですし、一人暮らしでは不可能です。

 

その不可能なことを自動でやってくれるのが、このめざましカーテン morning‘です。

 

めざましカーテン mornin’は、スマホと連動してタイマーの時間に合わせて自動でカーテンを開けてくれる装置です。

 

カーテンレールに設置して、設定した時間になると作動してカーテンを開けてくれます。

 

設置といっても工事もネジなどの取り付けもなく、すぐ付けられます。

とくに一人暮らしや家族と起きる時間が違う人には、うってつけの快眠グッズです。

 

めざましカーテン morning‘の体験談

私もこのめざましカーテン mornin’を愛用している一人です。

部屋の窓が2つあるので、2つ使っています。

 

出張や旅行、実家に帰る際にも持っていきますので365日使用しています(笑)

 

もちろんメリット・デメリットがありますが、総じていえば365日使っているので、満足できるものです。

 

先ほど説明した効果の通り、自動でカーテンを開けてくれることで朝の目覚めの良さに繋がります。

 

合わせてこちらのブライトライトME+も使用していますが、これは光目覚まし時計です。

 

ブライトライトME+の体験談はこちらから

ブライトライトME+の体験談|5年間使用の睡眠健康指導士の口コミ
ブライトライトME+の体験談|5年間使用の睡眠健康指導士の口コミをご紹介します。 ブライトライトME+は、高照度の光治療に使われる高照度照明器具です。 朝に強い光を浴びることで、人間の睡眠リズムは改善されます。 この結果、睡眠障害の改善、目覚めをよくする、寝つきをよくするなどの効果が見込めます。

 

ブライトライトME+の光とめざましカーテン mornin’による自動カーテンオープンで、睡眠の改善に非常に役立っています。

 

ただ、メリット・デメリットがありますので、めざましカーテン mornin’のメリット・デメリットをご紹介します。

 

めざましカーテン mornin’のメリット

・取り付けが簡単ですぐ使える

・大体のカーテンで使える

・比較的安い

 

めざましカーテン morning‘は、カーテンレールに取り付けるものです。

そう聞くと工事などが必要そうですが、取り付け工事は全く必要ありません。

 

回転式のフックをカーテンレールに挟むような感じですので、すぐ付けられます。

数秒です!

 

カーテンレールによっては合わないものもあるということですが、今まで家やホテルなどで使いましたが合わなかったことはありません。

かなり使える幅が広いと思います。

 

また、光目覚まし時計などは数万円するものが多く値段が高いです。

 

それと比較するとめざましカーテン mornin’は4,000円程度ですので、安いと言えます。

ただ4,000円だけ見ると高いと感じる人もいるかもしれませんが、比較すれば十分安いと思います。

 

めざましカーテン mornin’のデメリット

・音が割とうるさい

・カーテンレールによっては合わない

・場合によっては複数必要

 

めざましカーテン mornin’のデメリットは、音が少しうるさいことです。

カーテンレール上を動いてカーテンを開けていきますので、音がします。

 

場合によっては音で起きてしまうという人もいると思います。

ただ、その場合は起きる時間に合わせてタイマーをセットすればいいですので、そこまで問題ないと思います。

 

また、先ほどもありましたがカーテンレールによっては合わないです。

これはレールの太さなどによって使えないということですので、事前に調べておけば「買ったのに使えない」ということはありません。

 

めざましカーテン mornin’で一番問題になるのは、複数必要になる場合だと思います。

カーテンレールにはカーテンが2つ付いて左右に開く場合がほとんどだと思います。

 

これを右端から左端に向かって2つ同時に開けられればめざましカーテン mornin’は1つで大丈夫です。

 

ただ、中央に突起などがあってレールの通り道をふさぐと2つ必要になります。

実はうちはこれで2つ必要になっています。

 

また、窓が2つ以上あればそれぞれ必要です。

 

うちは窓が2つ必要ですので、本来4つ必要ということになりますが、そこを2つでやりくりしています。

(いずれ買い足すかもしれません)

 

こうなると実質の値段も上がりますし、同時に4つ動き出したらさすがにうるさいです。

こういう場合は1つ買って様子を見るといいと思います。

 

1個でも当然光は入ってきますので、効果はあります。

 

めざましカーテン mornin’はスマホがあればおすすめの快眠グッズ!

めざましカーテン mornin’のコントロールをするのはスマホです。

 

アプリをダウンロード(無料)して、スマホからタイマーを設定します。

これはBluetoothで繋ぎますので、Wi-Fiなどがなくても大丈夫です。

 

スマホがなければ使用できませんので、スマホがあれば十分使えます。

 

とくに日当たりが良好な部屋であれば、その効果も高いと言えます。

 

ただ、このめざましカーテン morning‘だけ使えば睡眠が改善するわけではありません。

 

その他ブルーライトカット、運動・栄養なども影響します。

トータルで睡眠を改善しつつ、そのサポートでめざましカーテン morning‘を使いましょう!

 

コメント