iPhone xで使えるおすすめのブルーライトカットフィルム

iPhone xで使えるおすすめのブルーライトカットフィルム

 

iPhone xがついに発売されました。

スマホを買い替えると、合わせてスマホケースや画面保護のフィルムなども買い換えないといけないのが面倒なところです。

 

その中でも睡眠健康指導士としておすすめなのは、ブルーライトカットフィルムです。

 

なかなかブルーライトに関する情報は知られていないことが多いですが、ぜひ今までブルーライトカットを使っていた人も使っていなかった人もiPhone xではブルーライトカットをしてみてください!

 

スポンサーリンク

ブルーライトカットとは?ブルーライトの基礎知識

ブルーライトカットとは、スマホやパソコンから発せられるブルーライトをカットすることです。

 

ブルーライトとは、光の種類の1つです。

ブルーライトは太陽の光に近い種類で、太陽を浴びているのと似た効果が起こります。

 

日中は目が冴えて作業効率が増すという話もありますが、度が過ぎれば悪影響が起こります。

そして何よりも夜にブルーライトを浴びることはマイナスの影響が強いと言えます。

 

太陽の光に強いので、目が覚めてしまい夜の睡眠の質を下げて眠りにくい状態になってしまいます。

 

最も効果的な対策はブルーライトを浴びないことです。

つまり、パソコン・スマホ・テレビ・LED電球などを一切使わないことです。

 

ただこれは現実的に難しく、そこで妥協案としてブルーライトカットがあります。

ブルーライトを浴びるにしてもその影響を最小限に留めるということです。

 

実際にブルーライトカットを施すだけでも睡眠への影響は確実に下げられると考えられます。

 

また、ブルーライトは睡眠への悪影響だけでなく眼精疲労の原因にもなります。

 

スマホの使用時間、パソコンの使用時間が長い現代でブルーライトカットはもはや必須の項目と言っていいと思います。

 

iPhone xでおすすめのブルーライトカットフィルム(シート)

iPhone xは発売された直後では、ブルーライトカットフィルム(シート)の数はそこまで多くありません。

 

ただ今後もどんどん増えていくと思います。

 

ブルーライトカットフィルムを選ぶ上では、次のような基準があります。

 

・ブルーライトカット率

・画面の見え方への影響

・保護強度

 

ただ単に「ブルーライトカットをしたい」ということであれば、ブルーライトカット率の高いものを選べばOKです。

 

ただ、ブルーライトカット率が高いほどどうしても画面の見え方が変わりやすいです。

色味が違ってきますので、写真などにこだわる人にはデメリットでもあります。

 

また、ブルーライトカットだけでなく画面の保護の役割も考えれば保護の強度(硬度)も重要です。

 

睡眠健康指導士の視点で言えば「一番ブルーライトカット率が高いもの」がおすすめです。

 

ただ、人によってニーズは異なりますので画面の見え方や強度などのバランスは個人の好み・趣向の問題と言えます。

 

少しブルーライトカット率が下がっても、ブルーライトカットフィルムを付けない状態と比べればブルーライトの影響は違います。

 

どれだけブルーライトカット率が低くても、ブルーライトカットフィルムは付けるのをおすすめします。

 

ブルーライトカット率で言えば、Nimaso iPhoneX 用がおすすめです。

ブルーライトカット率が92%を超えますので、非常にブルーライトカット率が高いと言えます。

また、画面の硬度も高いので画面保護の観点でも優秀です。

Amazonのレビューも恐ろしく高いです!

ブルーライトカットはスマホ全盛期では必須!

スマホ・パソコンと便利なツールが増える一方、ブルーライトの影響も非常に大きな問題です。

 

スマホとパソコンを捨てましょう!

という訳にはいきませんので、いかにブルーライトをカットするかが重要になります。

 

そのため、ブルーライトカットはスマホを使う上で必須項目と言えそうです。

 

ブルーライトカットの方法はブルーライトカットフィルムだけではありません。

ブルーライトカットフィルムを貼って終わりとはいきませんので、様々なブルーライトカット方法を組み合わせて対策してみてください!

 

ブルーライトカットの方法まとめはこちら

 

特にiPhoneであればnightshiftモード、パソコンであればf.luxがおすすめのブルーライトカット方法です。

 

コメント