NHKテストの花道で紹介!光目覚ましinti4の効果とは?

NHKテストの花道で紹介!光目覚ましinti4の効果とは?

 

睡眠の改善におすすめのグッズを睡眠健康指導士がおすすめします。

 

NHKテストの花道という番組で、光目覚まし時計「inti4」が紹介されます。

 

体内時計を整えて受験に備えるためのアイテムとして紹介されますが、睡眠リズムを整えることは受験に必須の記憶力アップ・集中力アップにも繋がる重要なことです。

 

特に最近では小学生でも睡眠不足になるなど、睡眠不足の低年齢化も深刻な問題です。

 

そんな10代でも使える光目覚まし時計「inti4」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

体内時計を整え睡眠を改善すると受験に必須の記憶力がアップする

まずは体内時計を整える効果をご紹介します。

 

日本人は韓国人と並んで世界最低レベルで睡眠時間が短いという問題を抱えています。

睡眠に対する意識も低いと言え、親が子供の睡眠時間を確保させようという意識も低いことが多いように感じます。

 

適正な睡眠時間は個人差があり、特に年齢による変化も大きいです。

ただ、年齢が低いほど睡眠時間は長時間必要です。

 

年齢別の最適な睡眠時間はこちら

 

10代では9時間前後は睡眠時間が必要と言われています。

 

10代の睡眠時間が短い場合は、脳の発達などに影響があってもおかしくありません。

 

成人でも睡眠不足となれば、脳の機能は低下します。

 

睡眠不足で起こる影響に記憶力の低下、集中力の低下があります。

 

そもそも睡眠の役割の1つに脳のメンテナンスがあります。

1日使った脳が記憶を整理する時間でもありますので、睡眠不足で記憶力低下が起こるのは当たり前です。

 

これは受験生にとってはとんでもない悪影響です。

 

学校の試験などであれば、一夜漬けでどうにかなる場合もあります。

一夜漬けで試験を乗り切った経験がある人は多いと思いますが、あれはあくまで全く勉強しないよりもマシなだけです。

 

試験範囲の広い受験をこの方法で乗り切るのは無理ですので、しっかりと記憶の整理を行える脳のコンディションを保つ必要があります。

そのため、睡眠の改善が必須です。

 

睡眠時間の確保も必要ですが、睡眠の質の向上も必要です。

特に受験生は室内で過ごすことが多く、太陽の光を浴びる時間が短いです。

 

そうなれば当然睡眠リズムも乱れます。

光目覚まし時計「inti4」の効果とは?

光目覚まし時計「inti4」の効果は、朝に強い光を浴びることで得られます。

 

朝に強い光を浴びることで、人間の体内時計はリセットされます。

 

そのリセットから14~16時間後にメラトニンという睡眠を司るホルモンが分泌して自然な眠気が起こります。

 

また、朝に強い光を浴びることでそのメラトニンの分泌を抑えて、目覚めがすっきりします。

 

つまり朝に強い光を浴びる効果は、「朝の目覚めがよくなる」「夜の寝つきがよくなる」の2つです。

 

夜の寝つきがよければ睡眠の質もよくなり、睡眠の効果も高まります。

つまり、記憶力の向上など受験生に必須の効果も得られやすくなります。

 

本来は朝起きたら外に出て太陽の光を浴びるのがベストです。

ただ、天気が悪い日もあればなかなか時間が取れない日もあると思います。

 

特に受験本番は冬ですので、なかなか朝に外に出たくない時期です。

 

それを解決するのが、光目覚まし時計「inti4」です。 

光目覚まし時計「inti4」は太陽の光まではいきませんが、相当明るい光を浴びることができます。

この光目覚まし時計「inti4」の光を毎朝起きてからすぐに浴びることで、先ほどの「朝の目覚めがよくなる」「夜の寝つきがよくなる」という効果を得られます。

 

毎朝外に出てゆっくり日光浴をしている時間なんかとれないという人には、年齢を問わずおすすめの快眠グッズです。

目覚まし時計は身体に悪いですので、音で起きる目覚まし時計よりもこのような光で起きる目覚まし時計の方が身体にやさしい目覚まし時計と言えます。

 

目覚まし時計が身体に悪い理由の解説はこちら

 

光目覚まし時計「inti4」は受験生におすすめの光目覚ましです!

このように、現代の日本人は睡眠不足で睡眠の質も悪いです。

その影響は低年齢化が進み、10代の受験生にも影響が出ています。

 

睡眠不足で記憶力が低い状態では、受験の成果も思うような結果が出ません。

 

目覚まし時計と考えれば光目覚まし時計「inti4」は高額ですが、塾代を考えればその効果としては十分元をとれると思います。

 

光目覚まし時計「inti4」は受験生におすすめの光目覚ましです!

 

ただ、これだけ使えばOKではありません。

あくまでも強力な補助ですので、プラスアルファで睡眠を改善する取り組みも必要です。

 

睡眠を改善する方法はこちら

 

食事や運動なども必要ですので、光目覚ましと合わせて睡眠を改善していきましょう!

コメント