睡眠障害対処12の指針⑩十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に

睡眠障害対処12の指針⑩十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に

 

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説しています。

睡眠障害対処12の指針10個目は「十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に」です。

 

前回の睡眠障害対処12の指針⑨睡眠中の激しいいびき・呼吸停止や足のびくつき・むずむず感は要注意では、いかにも病気であるものを専門医に相談するものでした。

 

今回の睡眠障害対処12の指針⑩では、日中の眠気という全く病気ではなさそうなものが対象です。

眠気は誰しもが毎日のように感じるものだと思いますが、あまりにも強い眠気は病気のサインです。

 

睡眠時無呼吸症候群に代表されるような睡眠障害は、様々な症状が出ますが必ず強い眠気は伴います。

 

ただの睡眠不足でも強い眠気は出ますが、長期間続く強い眠気は一度専門医の受診を検討すべき症状です。

 

スポンサーリンク

睡眠障害対処12の指針⑩十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に

睡眠障害対処12の指針⑩は、「十分眠っても日中の眠気が強い時は専門医に」です。

 

いびきや呼吸停止などの症状も専門医の受診が必要ですが、ただの眠気でも強かったり長く続いたりすれば専門医の受診が必要になります。

 

眠気は誰もが感じるものです。

 

ただ、日中に眠気が強くて耐え切れないようなほど強い場合や、毎日毎日居眠りしそうなほどの眠気を感じているのであれば、睡眠障害の疑いがあります。

 

ただ、多くの日本人は睡眠不足です。

 

厚生労働省の調査によると日本人の平均睡眠時間は年々減っており、必要な睡眠時間を割っている人が半分近いと推測できます。

個人的な感覚では、半分を超えているのではないかと思います。

 

そのため、かなり多くの人が当てはまりそうな症状ではあります。

何をもって「強い眠気」と言うかは難しいですが、「眠ってはいけないタイミングで我慢できないくらいの眠気に襲われることがある」という場合は要注意です。

 

睡眠時無呼吸症候群とは?強い眠気を伴う睡眠障害

日中の強い眠気を伴う症状として、代表的な睡眠障害が睡眠時無呼吸症候群です。

 

睡眠時無呼吸症候群は、その名の通りに睡眠中の呼吸が停止する睡眠障害です。

睡眠時無呼吸症候群は気道の狭さが原因で起こります。

 

この場合は専門的な治療が必要になります。

 

睡眠時無呼吸症候群の治療方法はこちら

 

睡眠時無呼吸症候群が有名になったのは、列車の脱線事故やオーバーランなどが相次いだ際に、原因が車掌の睡眠時無呼吸症候群であったことです。

 

運転中という眠ってはいけない時間帯に強い眠気に襲われ、それが事故に繋がるというまさにこの睡眠障害対処12の指針で指摘されている通りの問題です。

 

睡眠時無呼吸症候群の症状は寝ているときの激しいいびきや呼吸停止で、自分では気づいていないことも多いです。

 

自分で気が付ける症状が「日中の眠気」ですので、日中の眠気で悩まされている場合は専門医の受診が必要です。

 

気合やカフェインの摂取でどうにかならないような眠気は、睡眠障害の可能性がある強い眠気と考えていいでしょう。

 

日中の強い眠気を感じたら、何科の病院に行けばいい?

日中の強い眠気を感じたら専門医の受診が必要と言われても、何科を受診すればいのかわからないという方も多いと思います。

 

睡眠専門の病院もありますが、基本的には睡眠障害は精神科・心療内科の症状になります。

 

精神科や心療内科と聞くと抵抗がある方もいるかもしれませんが、至って普通の病院です。

病院の数も少ないわけではありませんので、近場で調べてもらえばすぐに見つかると思います。

 

また、スリープクリニックや睡眠外来と打ち出しているところもありますので、そちらの方がより専門的に見てくれる病院と言えます。

 

強い眠気、耐え難い眠気は病気のサインと考えて専門医へ

日中の強い眠気は、風邪や骨折と同じような病気・怪我の類です。

 

普通の眠気は誰しもが経験しますが、耐えられないような眠気を感じた場合は何らかの睡眠障害の可能性があります。

 

気合が足りないと無理をしていると、大きな事故に繋がる可能性もあります。

命に関わると言えますし、周りを巻き込む可能性もあります。

 

そのような事故に繋がる前に、ぜひ専門医の受診を検討してみてください。

 

睡眠障害対処12の指針まとめはこちら

睡眠障害
スポンサーリンク
シェアする
sleep-hc8をフォローする
睡眠健康指導士の快眠情報サイト

コメント