睡眠障害対処12の指針⑫睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

睡眠障害対処12の指針⑫睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

 

厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説しています。

睡眠障害対処12の指針の12個目は「睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全」です。

 

睡眠障害対処12の指針⑪睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもとでも解説しておりますが、現在の睡眠薬の安全性は特に問題なしと考えられています。

 

寝酒の方がよほど健康被害が出ますので、なかなか眠れない場合は医師の指示のもとに上手に睡眠薬を服用することがおすすめです。

 

スポンサーリンク

睡眠障害対処12の指針⑫睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全

睡眠障害対処12の指針12個目は「睡眠薬は医師の指示で正しく使えば安全」です。

 

睡眠障害で特にイメージしやすいものが、「なかなか寝付けない」「夜眠れない」という不眠だと思います。

 

不眠の対処方法として寝酒が知られていますが、これは睡眠の質を悪化させますのでおすすめできません。

 

詳しくは、睡眠障害対処12の指針⑪睡眠薬代わりの寝酒は不眠のもとをご覧くださいませ。

こちらでも解説しておりますが、寝酒よりも睡眠薬の方が安全と考えられています。

 

睡眠薬が危険というイメージが、探偵もののドラマや漫画で植え付けられていますが、処方箋で出されるものがそんな危険なはずはありません。

 

認可された薬を、医師の指示のもと使えば健康被害や死に至るような激しい症状は起こらないと考えられます。

 

もちろん、睡眠薬を服用後に車の運転などを行えば危険ですが、これは「医師の指示のもと」に反しています。

 

専門医の診断を受け、その診断の結果処方された睡眠薬を決められたとおりに服用すれば、安全です。

 

ただ、飲んだ瞬間に気を失うような危険なことはありませんが、そのような劇的な効果はありません。

 

睡眠薬は、正式には睡眠導入剤と言われています。

 

睡眠を導入するサポートというイメージですので、睡眠薬を飲めば簡単に眠れるという訳でもありません。

 

その他の睡眠障害対処12の指針で紹介しているような日常生活の改善と合わせて、補助的に睡眠導入剤を活用するというのが、本来の正しい使い方と言えるでしょう。

 

睡眠薬はボケるという噂は本当?嘘?

睡眠薬が危険と言われる要因に、「睡眠薬はボケる」という噂があります。

 

脳を眠りに向かわせる薬と考えれば、なんとなくボケそうなイメージもわかります。

 

ただ、睡眠薬とアルツハイマー病の関係は、特に報告がありません。

むしろ、不眠とアルツハイマー病の関係の方が指摘されています。

 

特に昼寝とアルツハイマー病の関係は指摘が多く、しっかりと昼寝をすることでアルツハイマー病が減るというデータがあります。

 

ただし、過度な昼寝はアルツハイマー病のリスクを上げるので注意が必要です。

 

昼寝とアルツハイマー病の関係はこちらから

睡眠健康指導士が解説!昼寝の効果とポイント
睡眠健康指導士が昼寝の効果とポイントについて解説します。 昼寝は適度な時間、適切なタイミングであれば非常に効果的です。 疲労回復や午後の作業効率アップ、さらにアルツハイマー病の予防にも繋がります。 ただ、過度な昼寝は逆にアルツハイマー病のリスクを増大させますので注意が必要です。

 

つまり、睡眠薬を飲むとボケるというよりも睡眠が不十分の方がボケると言えます。

 

睡眠の役割を考えればこれは納得で、睡眠の役割に脳のメンテナンスがあります。

脳内の疲労物質やストレス物質の除去を行います。

 

このメンテナンス不足の脳とメンテナンスが十分の脳で、どちらがボケそうかを考えれば明らかです。

 

睡眠薬はボケるという噂を信じて睡眠薬を使わずに睡眠が不足するよりは、睡眠薬を服用してしっかり寝た方がボケにくいと言えます。

 

ただ、あくまでも睡眠薬はサポートです。

 

睡眠薬を使わずに自然と眠る方が睡眠の質は高いですので、睡眠薬を使いつつ徐々に自力で眠れるように睡眠の改善を行います。

 

日中の強い眠気、寝つきの悪さは専門医の受診が必要

睡眠障害対処12の指針12で言うように、睡眠薬は医師の指示のもと使えば安全です。

ただ、劇的な変化をもたらすとも考えにくいです。

 

あくまでも睡眠薬は補助で、日常生活の改善による睡眠の改善も必要です。

 

睡眠薬の服用はまずは医師の診察が必要になります。

 

「なかなか寝付けない」「寝つきが悪い」というだけで病院に行くのもどうなのか?と思われる方もいるかもしれません。

 

ただ、これらはれっきとした睡眠障害の初期症状です。

がんばって寝ようとして寝られるものでもありません。

 

朝に光を浴びるなどの日常生活の改善も必要ですが、なかなか改善しない場合はぜひ一度専門医の受診をお勧めします。

 

睡眠の専門医は、科目としては精神科、心療内科になります。

その他、スリープクリニック・睡眠外来など睡眠を専門とする病院もありますので、ぜひ一度調べて受診してみるとよいと思います。

 

睡眠障害対処12の指針まとめはこちらから

睡眠障害対処12の指針とは?厚生労働省の睡眠指針
睡眠障害対処12の指針とは?睡眠健康指導士が推奨する睡眠障害の対処方法をご紹介します。睡眠障害対処12の指針は厚生労働省が推奨する正式なものです。 睡眠障害への対処は、日常生活の改善と医師による治療・投薬の2つが基本です。 その中でも日常生活の改善方法を分かりやすくまとめたものが睡眠障害対処12の指針です。

 

睡眠障害
スポンサーリンク
シェアする
sleep-hc8をフォローする
睡眠健康指導士の快眠情報サイト

コメント