睡眠の効率を高める!ブルーライトカット方法まとめ

睡眠の効率を高める!ブルーライトカット方法まとめ

 

睡眠を効率的にとり、睡眠の質を向上させるためにはブルーライトカットが必須の時代になりました。

パソコンやスマホから発せられるブルーライトをカットして、睡眠の質を高める方法をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ブルーライトとは?なぜブルーライトカットが必要なのか?

ブルーライトとは光の種類のことです。

ブルーライトは人間が見える光の中でかなり強い光になります。

 

この強いブルーライトは、自然界では太陽光が近い光です。

太陽の光は体内時計をリセットさせる作用のある強い光ですが、それと似た作用がブルーライトでも起こります。

 

ブルーライトはパソコンやスマホ(スマートフォン)、テレビ、LED電球などから発せられます。

つまり、現代にはブルーライトが溢れかえっています。

 

このブルーライトを浴びることで太陽の光を浴びているのと似た影響が身体に起こります。

つまり、ブルーライトを夜に浴びると身体は夜なのか朝なのか混乱します。

 

こうなると、睡眠に関わるホルモンの分泌がおかしくなります。

その結果、睡眠にとって最も重要なホルモンであるメラトニンの分泌が抑えられます。

 

メラトニンの分泌なくして良質な睡眠はあり得ません。

つまり、ブルーライトが睡眠の質を下げて、自然な眠りのリズムを妨げます。

 

このような理由で、ブルーライトはカットしなければ睡眠の質・効率が悪化してしまいます。

現代社会ではブルーライトが多くありますので、ブルーライトカットは良質な睡眠をとる為に必須の項目と言えます。

 

ブルーライトカット方法まとめ

ではブルーライトカットをする方法にはどのようなものがあるのでしょうか?

まずは大きく分類していきます。

 

・ブルーライトが出る機器を使用しない

・ブルーライトが出る機器を離して使用する

・ブルーライトが出ない設定、ブルーライトが弱い設定に代える

・ブルーライトをカットするグッズを使う

 

このようなブルーライトカット方法が考えられます。

 

布団に入ってからのスマホは睡眠に最悪の影響?

まずはブルーライトが出る機器の使用をそもそもしないということですが、これは先ほどの現実的に難しいものです。

 

ただ、極力控えることは出来ます。

特にできることが、寝る前のお布団に入ってからのスマホの使用です。

 

枕元にあり、ついつい無意識に手が伸びて目的もなく使ってしまいがちなのがスマホです。

夜なかなか寝付けない時にスマホを使ってしまい、ネットニュースを見たりyoutubeを見たり、ゲームを始めたり…

気が付いたら1時間以上やっていたということは、多くの人が経験していることではないでしょうか?

 

これが習慣化すると、布団に入る=スマホをいじるが定着してしまいます。

当然ですが、スマホのブルーライトの影響が最も出るのが夜です。

つまり、布団に入ってからのスマホは最悪の影響と言えます。

 

特に理由もなくやっている場合は、まずは寝る前にWi-Fiを切る、機内モードにするなどの強制的に使えない状態にしてしまうことがおすすめです。

また、枕元にある必要が無ければ遠ざけてしまうのも1つです。

 

寝室にはスマホを持ち込まないというくらい徹底している人もいるくらいです。

 

テレビを見る距離でブルーライトの影響を減らすことが出来る?

2つ目はブルーライトの出る機器の距離をとることです。

 

当然ですが近いほど強い影響を受けます。

パソコンやスマホなど、なるべく離して使うことでブルーライトの影響を少し減らすことが出来ます。

 

ただ、パソコンやスマホよりもより効果が高いのがテレビです。

テレビは近距離で見る人もいると思いますが、本来は離れてみるものです。

 

パソコンやスマホはそもそもの使用の距離が短い前提ですが、画面の大きなテレビは離れて見られるものです。

 

「テレビは離れてみましょう!」ということはよく聞くと思いますが、ブルーライトカットという点でも正しいことと言えそうです。

 

ブルーライトカットにおすすめのアプリ

3つ目は、ブルーライトが出ないような設定に代えることです。

 

これは、ブルーライトカットのアプリなどがおすすめです。

また、iPhoneではアプリではなく通常の設定で変更可能です。

 

こちらでおすすめのブルーライトカットアプリをご紹介しています。

 

パソコン向けのブルーライトカットアプリ「f.lux」の設定・ダウンロード方法

パソコンでブルーライトカットができるアプリf.luxの使い方
パソコンでブルーライトカットができるアプリf.luxの使い方をご紹介します。 ブルーライトカットの方法は色々ありますが、このf.luxはパソコンでのブルーライトカットにおすすめです。 無料で出来るので、すぐに始められます!

 

iPhoneのブルーライトカット設定「nightshiftモード」

NightshiftモードでiPhoneのブルーライトカットをする方法
NightshiftモードでiPhoneのブルーライトカットをする方法を睡眠健康指導士上級が解説します。 iPhoneなどのスマホはブルーライトを発していますが、これは睡眠にとっては天敵です。 少しでもブルーライトをカットするためには、nightshiftモードが無料ですぐできる対策です。

 

ブルーライトカットシート・ブルーライトカット眼鏡の効果

4つ目は、ブルーライトカットの為のグッズを使う方法です。

代表的なものに、ブルーライトカット眼鏡があります。

 

ブルーライトカット眼鏡は、JINSなどの眼鏡屋さんで購入可能です。

度なしのブルーライトカットだけの眼鏡であれば、4000円程度で購入可能です。

 

また、ブルーライトカットシートがパソコン、スマホであります。

こちらはヤマダ電機などの家電量販店やAmazon、楽天などで購入可能です。

 

張りやすさなどの差はありますが、ある程度のブルーライトカット効果が期待できると思います。

シートを貼るのは手先が不器用な人には難しいですが、多少ずれても睡眠や眼への影響を考えれば張った方がいいと思います。

 

ブルーライトカットは睡眠の改善に必須!できるものからやりましょう!

ブルーライトカットの方法を色々とご紹介しました。

無料で出来るものからお金のかかるものまで様々です。

 

一番のおすすめは全部やることです。

ブルーライトカットは可能な限りした方がいいです。

睡眠にも影響がありますし、眼へのダメージもあります。

 

正直あまりお金はかけたくない、時間をかけたくないと言う人でも、まずは無料アプリなどで試してみてください!

 

パソコンのブルーライトカットアプリ「f.lux」は無料ですし、iPhoneはアプリではなく設定の変更でブルーライトカットが出来ます。

 

少しずつでもブルーライトをカットして、良質な睡眠を取り戻しましょう!

コメント