クリスティアーノ・ロナウド選手の睡眠の秘密とは?睡眠コーチが指導

サッカー界のスーパースター、クリスティアーノ・ロナウド選手の睡眠に関するニュースがヤフーニュースなどで取り上げられました。

 

クリスティアーノ・ロナウド選手は、睡眠を長時間とることで有名でした。

長年トップ中のトップで居続けるには、コンデション維持が重要ということがよくわかります。

 

同じくサッカー界のスーパースター、リオネル・メッシ選手も同じように長時間睡眠をとっていると言われています。

 

しかし、今回クリスティアーノ・ロナウド選手が受けた睡眠のアドバイスには、通常の睡眠の理論と異なるものもあったようです。

 

スポンサーリンク

クリスティアーノ・ロナウド選手の睡眠時間は?

クリスティアーノ・ロナウド選手の睡眠時間はかなり長いと言われています。

このようなアスリートの健康に関する取り組みは、噂の域を出ないものも多いですので正確にはわかりません。

 

クリスティアーノ・ロナウド選手はオレンジジュースを毎日4リットル飲むという噂もありますが、実際のところはわかりません。

 

クリスティアーノ・ロナウド選手の睡眠時間は8時間以上、昼寝も含めれば10時間以上とも言われています。

 

12時間とることもあるという記事も見たことがあります。

 

通常クリスティアーノ・ロナウド選手の年齢である30代では、最適な睡眠時間は7~8時間と言われています。

 

最適な睡眠時間の解説はこちらから

 

ただ、体力の消耗が激しいアスリートではもっと睡眠時間が必要だと考えられます。

特に練習後の昼寝なども効果が高いと考えられます。

 

クリスティアーノ・ロナウド選手の睡眠指導はニック・リトルヘイルズ氏が担当

クリスティアーノ・ロナウド選手は睡眠のコーチとして、ニック・リトルヘイルズ氏を招聘したと報じられています。

 

ニック・リトルヘイルズ氏は、自転車競技チームの指導なども行っているようです。

 

ヤフーニュースでは、このように紹介されています。

 

リトルヘイルズ氏はアスリートの休息の取り方を研究しており、指導した自転車競技チームにおいても好成績をもたらした。“白い巨人”を引っ張るエースは、同氏による睡眠指導を元にパフォーマンスを向上させているようだ。

 

リトルヘイルズ氏はC・ロナウドの従来の睡眠の習慣を一変させたという。一般的には連続して8時間睡眠をとることが健康的と認知されているが、同氏はこれが人間にとって不自然と考えており、より短く断続的な睡眠を推奨している。また寝室にはスマートフォンやパソコンなど、すべての電子機器を持ち込まないよう指導しているという。

 

過去に4度バロンドールに輝いたC・ロナウドのパフォーマンスにおいて、どれほどが睡眠指導の賜物なのか、選手自身の才能そしてストイックな努力の結果なのか定かではないが、同記事は「休めているのか否か、ピッチでの彼が常に目を見開いており、決して眠らないことだけは確かだ」と締めくくっている。

 

ヤフーニュースより抜粋

 

この8時間睡眠を連続でとることが不自然という点が、常識とされていることと異なります。

 

通常、赤ちゃんの時は多層性睡眠といい1日に何回も寝るものです。

これが大人になるにつれて単層性睡眠といい1日に1回長時間眠るようになります。

 

リトルヘイルズ氏の言う理論では、この単層性睡眠が不自然ということになります。

 

実際に昼寝の効果などは実証されていますので、単層性にこだわる必要はないのかもしれません。

 

昼寝の効果解説はこちら

 

ただ、夜の長時間の睡眠を削るとなると悪い影響が出ないか心配ではあります。

 

このような新たな理論もありながら、普遍的なアドバイスも含まれています。

 

スマホ・パソコンなどの電子機器は寝室に持ち込まない!

現代の睡眠の妨げになるものとして、パソコンやスマホなどの電子機器があります。

 

これらはブルーライトという種類の光を発します。

ブルーライトは太陽に近い光の種類で、睡眠を阻害します。

 

ブルーライトの解説はこちら

 

新たな理論がありながら、このような当たり前の睡眠指導も行っているようです。

 

これはアスリートだけでなく、誰もが実践した方がいいものです。

特にスマホはついつい使ってしまうものです。

 

そもそも使えないような位置に置いてしまうのが賢明です。

 

寝室がある家であれば、寝室にはパソコンやスマホを置かず、テレビも置かずにただ寝るためだけの部屋にしてしまうのが理想です。

 

なかなかそんな部屋を作るのは現実的ではないですが、パソコンやスマホを遠ざけて眠るというのは、睡眠の改善として正しい方法です!

 

コメント