電気をつけたまま寝る影響とは?真っ暗だと眠れない人の対処法

夜寝るときに電気をつけたまま寝るという人もいると思います。

真っ暗の状態が怖くて眠れないので、少し明るくしておきたいというのは安全を確保するという観点ではある意味自然のことなのかもしれません。

 

ただ。夜は明るすぎる環境で寝ると睡眠の質は悪くなりますのであまりいいことではありません。

それでも暗いのが怖くて眠れないというのも、睡眠にとってはいいことではありません。

 

このような暗闇恐怖症の方の睡眠環境の作り方をご紹介します。

 

スポンサーリンク

電気をつけたまま寝るのは睡眠に悪影響!

結論から言えば、電気をつけたまま寝るのは睡眠にとっては悪影響を与えます。

人間の睡眠のメカニズムは、かなり光に依存しています。

 

これは睡眠を司るホルモンであるメラトニンの影響です。

 

メラトニンは、光に依存して分泌します。

様々な要素が影響しますが、基本的には明るいとメラトニンの分泌は減り。暗いとメラトニンの分泌は増えます。

 

このため、夜の明るい環境で過ごすとメラトニンの分泌が減って睡眠の質が下がり眠りにくくなります。

 

これが電気をつけたまま寝る悪影響です。

 

そもそも、睡眠時間が短くなり睡眠障害などが増えはじめたきっかけはエジソンが電球を発明したことと言われています。

 

電球がなければせいぜいろうそくなどで明かりを確保するしかなく、そこまで明るい環境は作れませんでした。

ところが、白熱電球が発明されてからは夜でも明るい環境を作れるようになりました。

便利な反面、睡眠にとっては悪影響を及ぼすことになってしまったのです。

 

そういった意味でも、夜に電気をつけて寝るということは自然界ではあり得ない環境で寝ている非常に不自然な環境と言えます。

 

真っ暗にして眠れない場合の対処方法

ただ、中には「真っ暗にすると怖くて眠れない」という人もいると思います。

 

これもある意味当然のことで、本来は月明りなどが差し込む少しだけ明るい環境で寝るのが自然なことでした。

ちなみに、月明かり程度であれば満月でも睡眠の質を下げる(メラトニンの分泌を抑制する)程の明るさにはなりませんので問題ありません。

 

ただ、現代では家で寝る場合にはカーテンを閉めて月明りが入ってこないような環境が多いです。

そのため、不自然なあまりにも暗すぎる環境になっていると言えます。

 

暗闇で見えなければ、危険を察知できない環境ですのでその環境に恐怖を覚えるのはむしろ自然なことだと思います。

 

そのため、この真っ暗では眠れない「暗闇恐怖症」の人は、「真っ暗ではなく、かつ明るすぎない環境」を作る必要があります。

一番は月明りで明るさを確保することですが、防犯上などなかなか難しいと思います。

 

そこでおすすめなのが「間接照明」です。

直接目に入らないような形で明るさを確保しながら、真っ暗にはしないというものです。

 

壁などに弱い光を当てて薄暗い環境を作っておくのが、この「真っ暗ではなく、かつ明るすぎない環境」と言えます。

眠ってしまえば真っ暗でも問題ない場合は、タイマーを使って眠った後に切れるようにしておくとより睡眠の効率は良くなると言えます。

 

フットライトなど、足元だけ明るくできる照明もおすすめです。

特に高齢者では、夜にトイレに起きた際に転倒という可能性もあります。

それを防ぐためにも、フットライトはおすすめです。

 

また、電気はつけないけれどテレビをつけっぱなしで寝るという人もいますが、これは睡眠に悪影響です。

テレビからはブルーライトという光が発せられますので、よりメラトニンの分泌を抑制して睡眠に悪影響を与えます。

 

テレビをつけっぱなしで寝るのは睡眠に悪影響?

 

夜寝るときはなるべく暗い環境を作って熟睡する

このように、夜眠るときは極力暗い環境を作ることが大切です。

ただ、暗すぎて恐怖を感じれば、それも睡眠には悪影響を与えます。

 

そのため、個人差はあるものの「ちょうどいい暗さ」を作ることが、睡眠の質を高める環境と言えます。

 

間接照明などをうまく利用し、直接目に光が来ないような「うす暗い環境」を作るようにしましょう!

 

間違ってもテレビをつけっぱなしで寝たり、スマホをいじったりしていると睡眠には悪影響ですのでやめましょう!

 

テレビやスマホは、ブルーライトを発して睡眠には非常に大きな悪影響を与えます。

 

コメント