平均睡眠時間6時間は足りない?睡眠時間6時間で脳に起こること

忙しい現代人の平均睡眠時間はどんどん短くなっています。

厚生労働省の調査では、成人の日本人の4割は平均睡眠時間が6時間以下と言われています。

 

「睡眠時間は6時間あれば大丈夫」と感じている人もいるかもしれません。

 

「睡眠時間は90分サイクルが理想」という情報が知られるようになってから、6時間が1つの基準のように扱われることが増えているように感じます。

 

しかし、これらには色々な問題があります。

まずは90分サイクルも誤りですし、6時間睡眠を続けた場合の脳の影響はかなりの問題を抱えていることが分かっています。

 

そんな誤解をされている「睡眠時間6時間」を解説していきます。

 

スポンサーリンク

平均睡眠時間6時間では足りない!睡眠時間6時間で脳に起こること

適正な睡眠時間は個人差がありますので、一概には言えません。

ただ、大まかな傾向はあります。

 

日本ではなぜか「睡眠時間は6時間あれば大丈夫」と考えている人が多いようです。

その背景には、「睡眠時間は90分サイクルがいい」という理由があります。

 

90分サイクルとは、90分の倍数の時間睡眠をとるのがよいとされているもので、4時間半・6時間・7時間半などの睡眠時間が推奨されています。

 

ただ、この90分サイクルの睡眠時間がよいとするものは、間違いであると考えられます。

90分サイクルはレム睡眠・ノンレム睡眠のサイクルから言われていますが、これは90分とは限りません。

 

また、適正な睡眠時間をしっかりとれれば自然と目が覚めますので、無理に90分にこだわる理由もありません。

 

詳しくは、睡眠は90分サイクルが理想は嘘?で解説しています。

「睡眠サイクルは90分が理想」は嘘?理想の睡眠時間とは?
「睡眠サイクルは90分が理想」は嘘?理想の睡眠時間とは? 「理想の睡眠時間は90分サイクル説」について、睡眠健康指導士上級が解説します。 結論から言えば、この「理想の睡眠時間90分サイクル説」は大嘘です。 理由は説明していますが、90分にこだわらずに少しでも長い時間寝るというのが、とるべき対策です。

 

この90分サイクル説でなぜか6時間睡眠がいいように思われがちですが、実際に6時間睡眠では不足している人がほとんどです。

80代などの高齢の方であれば大丈夫かもしれませんが、20代~50代くらいで適正な睡眠時間が6時間ということは非常に稀だと思います。

 

6時間睡眠の場合、脳で起こっていることはかなり危険です。

 

睡眠の役割として脳のメンテナンスがありますが、睡眠不足ということは脳のメンテナンスが不十分ということです。

 

これはアメリカで行われた有名な実験がありますが、睡眠時間が6時間の状態を2週間続けた結果、脳の機能は2日間徹夜した状態と同じになったと言われています。

また、酔っ払った状態と同じとも言われ、どちらにしてもまともな状態ではありません。

 

酔っ払った状態では当然判断力が低下し、飲酒運転が禁止されるのも判断力が低下して危険だからです。

ただ、6時間睡眠運転は法律で禁止されていません。

 

脳で起こっていることは同じですので、飲酒運転と同じようなことが起こっているはずです。

その他、よくわからない事件や事故が数多くありますが、「脳が酔っ払った状態と同じ人が起こした事件や事故」と考えると納得できてしまいます。

 

つまり、睡眠時間が6時間の脳はそれくらい危険な状態であると言えます。

 

適正な睡眠時間とは?年代別の適正な睡眠時間

6時間睡眠では多くの人が睡眠不足と言えます。

ただ、適正な睡眠時間には個人差があります。

 

その適正な睡眠時間は、年齢によっても異なります。

赤ちゃんの頃は一日中寝ていますが、徐々に睡眠時間は減っていきます。

 

成人では安定し、高齢になると睡眠時間は短くなります。

その成人で安定している時期は、睡眠時間は7~8時間が最適と言われています。

 

適正な睡眠時間とは?理想の睡眠時間を知る
適正な睡眠時間とは?理想の睡眠時間を知ることで睡眠を改善していきます。 適正な睡眠時間の目安は年齢によって異なります。また、個人差もあります。 ただ、多くの場合はこちらでご紹介する適正な睡眠時間の目安に入るはずです。 多くの日本人は睡眠不足ですので、まずは適正な睡眠時間の目安を目指すことが重要です。

 

ショートスリーパーやロングスリーパーもいますが、それでも多くはこの7~8時間が適正な睡眠時間と言われています。

 

この睡眠時間を下回ると、睡眠不足の悪影響が起こっていきます。

睡眠不足の影響とは?睡眠不足の危険性と症状解説
睡眠不足になると、脳にも身体にも異常が起こります。 特に脳の機能が低下は大きく、記憶力低下や判断力低下から交通事故・学力低下などの影響があります。

 

睡眠時間が短い人が多いですが、6時間睡眠を続けると脳の機能が酔っ払った状態と同じになるので対策が必要です。

 

6時間睡眠しかとれない場合は昼寝を有効活用する!

睡眠時間が6時間で大丈夫だと勘違いしていたとしても、「では睡眠時間を7~8時間にしましょう」と言われてできる人は少ないと思います。

 

仕事の時間が長く、通勤時間も長くてなかなか睡眠時間を確保できないという人が多いと思います。

 

睡眠時間をしっかり確保する方が頭の機能もしっかりして仕事の効率は上がりますので、できるものなら単純に睡眠時間を長くすることがおすすめです。

 

どうしても難しければ、昼寝などを活用して少しでも睡眠時間を確保しましょう。

 

昼寝のポイントはこちらから

睡眠障害対処12の指針⑦昼寝をするなら15時前の15~20分
厚生労働省が推奨する「睡眠障害対処12の指針」を解説します。睡眠障害対処12の指針7個目は「昼寝をするなら15時前の15~20分」です。 昼寝には様々な効果が期待できますが、時間を間違えた昼寝は逆効果になります。 忙しい人ほど効果的に昼寝をとることをお勧めします。

 

コメント