睡眠障害の種類や症状まとめ

睡眠障害の種類や症状まとめ

 

睡眠障害は、今や現代病とも言えるほど多くの人が悩まされている国民病です。

最近の調査では、日本人の3人に1人が睡眠に問題を抱えているとも言われています。

 

また、日本人の睡眠時間の短さは世界最低レベルです。

 

そんな不眠大国の日本では、睡眠障害は非常に身近なものになっていると思います。

 

軽症の睡眠障害であれば誰もが経験したことがあるような症状ばかりですが、重症の睡眠障害では社会生活を送ることが困難になります。

 

睡眠障害と言っても、風邪や頭痛と同じようなものです。

軽症であればだれでもなり得ますし、薬もあります。

 

重症であれば、生活に支障が出ますし命に関わることもあります。

 

睡眠という分かりにくいものですので、睡眠障害も当然分かりにくくなります。

 

こちらでは、そんな睡眠障害について解説していきます。

 

スポンサーリンク

睡眠障害とは?

睡眠障害とは、睡眠に支障が出るような症状の総称です。

その為、睡眠障害と言ってもその種類は多岐に渡ります。

 

概日リズム障害のように睡眠リズムが崩れる睡眠障害、不眠症のように寝つきが悪くなる睡眠障害、睡眠時無呼吸症候群など寝ている最中に問題が起こるもの、ナルコレプシーのように特殊な症状など睡眠障害の種類は様々です。

 

睡眠障害の対処方法は、日々の生活習慣で改善するべきものから専門医の治療が必要なものなど様々です。

 

まずは自分の睡眠障害が何なのかを知ることが大事です。

 

「睡眠障害の対処方法」では対処が難しいですが、「睡眠時無呼吸症候群の対処方法」のように具体的になれば睡眠障害は対処できます。

 

睡眠障害の種類とは?

睡眠障害の種類は多岐に渡ります。

こちらでは、一つずつ睡眠障害の種類をご紹介していきます。

 

症状の特徴を知り、それぞれに適した対処方法で睡眠障害を対処していきましょう!

 

※コンテンツは随時更新します

 

睡眠障害に効果的な睡眠導入剤とは?

睡眠導入剤とは、いわゆる睡眠薬です。

 

睡眠薬というと、刑事ドラマや探偵ものの漫画などで使わるイメージがあると思います。

ただ、それは大昔の睡眠薬の話で、現在の市販・処方箋の睡眠導入剤では命に関わることはありません。

 

睡眠導入剤の安全性は心配いりませんが、睡眠導入剤の特徴や種類は知っておいた方がいいと思います。

 

基本的には睡眠障害は日常生活の改善が第一です。

その補助役として睡眠導入剤を使用するというのが理想です。

 

睡眠導入剤は「上手く利用する」のが一番ですので、その利用方法や睡眠導入剤の種類などをご紹介します。

 

※コンテンツは随時更新します

 

睡眠障害
スポンサーリンク
シェアする
sleep-hc8をフォローする
睡眠健康指導士の快眠情報サイト

コメント

  1. 伊神 正三 より:

    不眠症にて通院中ですが、
    不安神経剤、睡眠導入剤を服用していますが、
    なかなかねねつかれません。又、10過ぎに寝れても夜中に急に目が覚め、
    その後は眠りにつけません。
    このような場合は薬の量を増やすのでしょうか。
    (通院先の医者には事情を話していますが、薬の量は変わりません)

    • sleep-hc8 より:

      コメントありがとうございます。
      最終的には医師の判断になると思います。
      寝つきが悪い場合は、「薬による治療」と「生活習慣の改善」の2つが軸になると思います。
      薬の量を増やすのも選択肢の1つですが、医師が薬の量を変えなかったということは生活習慣の改善を先にやった方がいいのかもしれません。
      生活習慣の改善はこちらで紹介しておりますので、出来そうなものからぜひ取り組んでみてください!
      https://sleep-hc8.com/sleeping-disorder01