睡眠に関わるホルモン

睡眠の改善に必須なトリプトファンとは?

睡眠の改善に必須なトリプトファンとは?睡眠に必要なトリプトファンについて解説していきます。 トリプトファンは必須アミノ酸の1つで、食事から摂る必要があります。 このトリプトファンは睡眠を司るメラトニンの材料となりますので、トリプトファンの不足は睡眠に大きな問題を起こします。
睡眠の基礎知識

睡眠健康指導士上級とは?睡眠健康指導士の資格

睡眠健康指導士上級とは?睡眠健康指導士の資格について解説します。 睡眠健康指導士上級とは、一般社団法人睡眠教育機構が発行する民間の睡眠に関する資格です。 睡眠に関する国家資格はなく、上位の資格に位置付けられます。 睡眠健康指導士上級の下位資格には、睡眠健康指導士初級があります。
睡眠に関わるホルモン

コルチゾールとは?睡眠に関わるホルモン解説

コルチゾールとは?睡眠に関わるホルモンであるコルチゾールについて解説します。 コルチゾールはストレス指数を計る指標として使われ、睡眠に関わるというイメージは少ないと思います。 しかし、睡眠から目覚めるときにコルチゾールは必要なホルモンで天然の目覚まし時計と言えるかもしれません。
睡眠の基礎知識

寝る何時間前に食事を摂るのが睡眠にはいい?睡眠と夕食時間の関係

寝る何時間前に食事を摂るのが睡眠にはいい?睡眠と夕食時間の関係について解説します。 夕食時間の目安は睡眠時間の3~4時間前が理想と言われています。 ただ、これは食べるものや食べる量、腸内環境など消化に関わるもの全般が影響しますのであくまで目安です。 食べるものなどの工夫も、睡眠の質を上げるためには必要です。
睡眠の基礎知識

睡眠時間は8時間が理想?8時間睡眠の効果とは?

睡眠時間は8時間が理想?8時間睡眠の効果とは? 8時間睡眠について解説していきます。 適正な睡眠時間は人によりますので、8時間睡眠が理想かはわかりません。 ただ、青年期では8時間睡眠が適正である確率はかなり高いと言えます。 高齢者の場合は、8時間睡眠が逆効果になりますので注意が必要です。
睡眠の基礎知識

平均睡眠時間6時間は足りない?睡眠時間6時間で脳に起こること

平均睡眠時間6時間は足りない?睡眠時間6時間で脳に起こることについて解説します。 睡眠時間は6時間あれば大丈夫と思われがちですが、実際には6時間では足りないことが多いです。 睡眠時間6時間では、脳は酔っ払った状態と同じと言われています。 そうならないように、睡眠時間を延ばす必要があります。
睡眠の基礎知識

睡眠時間と肥満率の関係|寝不足だと肥満になりやすい?

睡眠時間と肥満率の関係|寝不足だと肥満になりやすい? 睡眠時間と肥満率の関係について解説します。 睡眠時間が短くなると、肥満率が上がることが分かっています。 その理由に食欲の暴走があります。 睡眠時間が短くなり食欲が増し肥満になるという悪循環が続くと、病気や死亡のリスクも当然上がっていきます。
睡眠の基礎知識

寝不足で食欲が増える?睡眠時間と食欲の関係

寝不足で食欲が増える?睡眠時間と食欲の関係を解説します。 睡眠不足になると様々な悪影響が起こりますが、その中で食欲の増加があります。食欲の暴走の方が正しい表現かもしれません。 食欲に関わるグレリン・レプチンというホルモンの分泌に異常が起こり、食欲の暴走が起こります。ダイエット失敗の原因が睡眠不足かもしれません。
睡眠の基礎知識

睡眠不足は死を招く?睡眠時間と死亡率の関係

睡眠不足は死を招く?睡眠時間と死亡率の関係とは?睡眠時間と死亡率の関係について解説します。 結論から言えば、睡眠時間は短すぎても長すぎても死亡率が高まります。 若い世代では特に睡眠時間が短すぎる傾向があり、寝不足が死を招くと言えます。 そのリスクを知らなければ、働き方などを考えることはできません。
睡眠の基礎知識

ロングスリーパーとは?ロングスリーパーの定義と特徴

ロングスリーパーとは?ロングスリーパーの定義と特徴を解説します。 ロングスリーパーとは、直近6か月の睡眠時間が9時間以上のひとを指して言います。 一般的な睡眠時間よりも長時間必要ですのが、無理に長時間寝ると逆効果になります。自分に合った適正な睡眠時間を知ることが上手な睡眠に秘訣です。